Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風俗とミュージシャンと戦争と

Category: Trumpet  

奴隷、農産物の貿易で栄えた港町ニューオリンズには、当然のように色々な人が集まり売春も横行していました。これに対して市助役のストーリー氏は娼館経営を容認する区画を設定して治安を維持しようとしました。この歓楽街がストーリーヴィルです。ここの店は1階が賭博と酒場、2階が売春宿になっていて、階下ではBGMやダンスのための音楽が付き物、というわけでミュージシャンに安定した稼ぎ口が生まれました。風俗の良し悪しはともかく、プロのジャズメン誕生は売春宿のおかげだったわけです。そういえば昭和の日本も、駅前のキャバレー毎に専属バンドを抱えていた時代があったそうですね。
 しかし、1917年にアメリカが第一次世界大戦参加を決めると、ニューオリンズ港は海軍基地となりました。大切な軍人が性病にかからないように、基地から5マイル以内の売春宿は即閉鎖、あっという間にジャズメンも仕事を失いました。
 この前後よりアメリカ経済は南部の農業よりも北部の商工業のウェイトが大きくなっていて、黒人労働者は鉄鋼業、自動車産業を目指してシカゴ周辺へと移動していたため、ミュージシャンも新たな仕事場を求めてミシシッピ川を北上していきました。
 シカゴではジャズが白人の間にも広がり、新たな発展へとつながったのですから、結果的にはよかったのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。