Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然の本番

Category: Trumpet  

レッスンの後で、師匠が急に向かいのビルへ入っていきました。あわててついていくと、狭い店内ではギターカルテットが演奏中でした。
「先生ここは?」「ああ、マスターに挨拶しに来たんだけど、ついでにやっちゃいましょう。」ということで、いきなりセッションの中に飛び込んでしまいました。
「やって恥かいて上手くなっていくんだから。」
キャリアのありそうな外人ドラマー、めちゃ上手のギタリスト、後で聞いたらプロのベーシストの方々をバックにスタンダードを2曲。しきたりもわからず、譜面もコード進行もないところで演奏したのは初めての経験でした。レッスンでやったことが全て吹っ飛んでガチガチの吹き方になってしまいましたが、終わった後はちょっと快感も…。
たまには恥をかきに来るのもいいかも知れませんね。日頃の練習にも熱が入りそうです。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

ハゴトコさんへ
おはようございます。
本番が良い練習になるのは、確かですね。
師匠にも、恥をかきながら上手くなっていく、
と言われていますが、
恥をかかないですむのはいつのことやら、といった感じです。
その内恥を恥と思わなくなるのかも知れません。

Hiro.G.
Unknown
なかなか、あの感触が快感になるんですよ。

よく、いきなり、サックス吹けなんて、無理やりステージに上げられます・・・

ステージから、スポット当てられて、言われると断る訳に行きませんから・・・
でも、うれしはずかし、ちょっとむず痒い感じがします。

でも、やはり、音楽は場数が物を言いますから
練習で、上手な奴も、ステージではからっきしなんてのが、居ますから。
Masaさんへ
こんばんは。

飛び込みというより
引きずりこまれた感じですね。

アンサンブルの勉強には、たしかにリード以外のパートはためになると思います。
でも、いつも一番上を吹くリードはバンドの顔ですからね。
私の憧れです。

Hiro.G.
凄い!
飛び込みセッションですか・・・

凄いです!
私にはとてもできません・・・(;^_^A

前記事にも関連しますが、「耳」はなかなか一朝一夕には良くなりませんね。

私も前回の練習から講師の指示で4番も練習しています。
1番を吹いていると上を出すことに気をとられすぎて
リズムや音色がほったらかしになるためです。
ところが下は下で難しいですよね・・・。

でも、柔軟な唇づくりと、もう少し広い音域での
音感作りのために続けていきたいと思っています。

特に4番は音が取りにくいですし、
譜読みのトレーニングにもなると感じています。

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。