Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有難い高感度化

Category: Photograph  

デジカメの高画素化はまだまだ続いていて、携帯やコンパクトデジカメですら1000万画素を超えるものが珍しくなくなってきました。高性能になること自体は歓迎しますが、センサーのサイズが変らないで画素数だけ増えてもあまり写真が綺麗になったと感じることがありません。それよりセンサー感度を上げてもノイズが増えない方がずっと有難いと思います。そのためなら、画素数を減らしてもいいくらいです。
 明るさの十分でない場所、動きのある被写体を狙うときは、シャッタースピードを稼ぐために明るいレンズか高感度が必要ですが、レンズは性能的にも価格的にも限界があります。最近のデジタル一眼レフは実用的な感度が飛躍的に伸びているとのこと、ぜひ試してみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

ハゴトコさんへ
おはようございます。
なるほど、業務用双眼鏡ですか。
なんだかよさそうですね。
大口径レンズは見た目も魅力的ですよね。
大きくて重いのは大丈夫ですが、価格がちょっと。

Hiro.G.
Unknown
画素は600万もあれば十分と思います、
あとは、感度ですねーハゴトコはフジのカメラです、
あと、双眼鏡もフジノンです、フジノンは業務用の双眼鏡は強いんですよー
コーティングも丈夫ですし。
レンズは口径が大きいと、解像度と、明るさが増しますね。

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。