Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラブルからの復帰

Category: Photograph  

右下の奥歯を削るため麻酔をかけたので、舌と下唇の右半分が痺れている状態でトランペットを吹くとどうなるかやってみたら、まずリップバジングはおろかフラタリングも出来ず、マウスピースが唇にまっすぐ当たっているかどうかさえ感じられません。さらに息を入れたら、ものの見事に右側から全部もれて音になりませんでした。マウスピースを麻痺している唇の方にずらすと、音は出ましたが音階が吹けません。雑誌に脳梗塞の麻痺を克服したイギリス人トランペット奏者が載っていましたが、唇の片側が麻痺した状態で吹けるようになるのは、ゼロからのスタートどころではないようです。怪我や病気からカムバックするプロって凄いことが、よく分かりました。
 2時間くらいはプカプカやっていても全然だめ、3時間過ぎた頃から急速に痺れが取れ始め、感覚が戻ってきました。健康って素晴らしいですね。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。