Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機材の条件

Category: Photograph  
20120925.jpg

『砂の上に直に置いたり、直射日光に長時間さらしたり、肩から下げたままの山登りや、助手席に置いたままの悪路走行など、カメラへのダメージは日常茶飯事なので、ボディの耐久性は第一条件となる。被写体が一番綺麗に見える瞬間、あるいは格好よく見える瞬間をより高い確率で捕らえてゆくのに、ファインダー内に捕らえてから、シャッターを切るまでの時間は短ければ短いほどよく、連射速度は速い程望ましい。』

 自然写真家のコメントです。報道カメラマンも同じような意見だと思います。私の使い方では、ボディ耐久性はそれ程必要ありませんが、スピードは速いに越したことはありません。それともう一つ、周囲に脅威を与えないこと。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。