Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Aspect ratio

Category: Photograph  
IMG_1712.jpg

Canvas ratio ≒1:1.25(4×5)
 肖像画では縦に使われます。大判写真もこの比率なのは、もともと写真が絵画の下絵として使われていた頃の名残かも知れません。

Television ratio ≒1:1.33(4×3)
 テレビやパソコンのモニターに使用されています。初期の映画もこのフォーマットでした。

Silver ratio ≒1:1.41(1:√2)
 コピー用紙に使用され、2つに折っても同じ形になります。

Film ratio ≒1:1.5(3×2)
 映画用フィルムを横にして、2コマ同時に使うとこのサイズになります。このフィルムを半分だけ使用すると4×3の縦長フレームになります。

Golden ratio ≒1:1.62
 最も美しい比率と言われ、クレジットカードに使われています。

Screen ratio ≒1:1.66~2.35
 テレビより横長になっているのは、より臨場感を感じやすいからだそうです。NHKが作ったハイビジョン規格は、映画との互換性を考えて16×9(1:1.78)になっています。

 どのアスペクト比が最も美しく見えるかは、その人の経験に基づくのかも知れません。この中で縦長のフォーマットは4×5だけで、あとは原則として横長に使っています。そのせいか、写真を縦長に撮る時、3×2より4×3のカメラの方がしっくりくる気がします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。