Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大口径 vs デジタル用ズーム

Category: Photograph  
IMG_9236.jpg


『85ミリF1.4絞り開放で目にピントを合わせると、目以外はボケてしまうので、通常はF2.8、大きく伸ばす場合はF5.6以上に絞る。デジタルカメラは回折ボケが目立つので、APSCでせいぜいF8までしか絞れない。回折ボケは画素数が増えたりセンサーが小さくなれば、より目立つようになる。また、レトロフォーカス設計も回折ボケが起きやすい。通常F2.8からF5.6の間で撮影し、パンフォーカスにしたければ焦点距離の短いレンズを使うのがデジタルカメラの流儀である。』

F3.5-6.3のズームレンズを付けたデジカメは、絞り調節はほとんど必要ない、というより出来ないということでしょうか。被写界深度を調節することも撮影の楽しみの一つと考えていましたが、大切なことは別の所にあるのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。