Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高画素化の真相

Category: Photograph  
IMG_8345.jpg


1/2.3インチで16Mピクセルは、明らかに無理がありそうですが、意外と高感度時ノイズ特性は良さそうです。

1/1.7インチ12Mセンサーは、ノイズだけみれば明らかに優秀ですが、そんなに大きく差があるわけでもありません。

少し設計の古い1/1.7インチ10Mセンサーは、ノイズ多めです。

画素ピッチ細かくなると回折の影響が無視できなくなりますが、開放からシャープで明るいレンズであれば解像できますし、ノイズも画像縮小すれば減って見えます。一眼レフも高画素化が流行っているのと同様、コンパクト機側でも再び画素数が上がるかもしれません。


画素ピッチの余裕から生まれるSN比向上効果は、最新技術のセンサーではそれ程大きな差にならず、多画素ゆえの画像縮小効果により、かえってノイズが減少します。さらに、回折の影響も、シャープなレンズを搾らずに使えば問題ない、というわけです。画素ピッチの大小も、使用レンズと撮影条件の調節で使い分ける時代なのかも知れません。携行する機材がますます増えそうです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。