Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピンボケと回折ボケ

Category: Photograph  
IMG_1104.jpg


『画素サイズが小さいと、回折の影響で絞りを絞れなくなるので、開放から写りの良いレンズが要求される。したがって、大きなセンサー用レンズの中央部を小さなセンサー機で使うのも限界がある。』

小型センサーはボケにくいので、絞らなくてもパンフォーカス撮影が可能です。大型センサーは、前後をボカした撮影からパンフォーカスまで可能で、撮影の幅が広がります。ただ、f11でも絞り足りないと感じる場合があります。画素サイズの小さな大型センサーは、本当にパンフォーカスまで絞れるのでしょうか?APSCで1800万画素、35mmで3600万画素までは大丈夫、というのがメーカーの出した答えのようですが、回折ボケとピンボケのどちらを優先するかは、撮影者の選択だと思います。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。