Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オルソパンクロ

Category: Photograph  
IMG_0552m.jpg

ハイライトが70円の時代、36枚撮りフィルムは一本300円、現像代150円、プリント1枚20円でした。実際の費用は1枚当たり2~3円で、当時の写真屋さんは結構、儲かっていたそうです。
400~700nmの可視光全域に感光性を持っているフィルムをパンクロマチックといいますが、一般に使われている感光材料は赤色光に対する感光性が少し足りません。擬似パンクロ、オルソパンクロなどとも言います。
 フィルムは青色に良く感光しますから、フィルターを使わずに撮影すると白い雲と青い空は黒白のモノトーン上ではあまりメリハリがつきません。シャープカットフィルターはある波長から下の光を吸収するため、写真の表情を変えられ、フィルター選びも腕のみせどころだったそうです。もっとも現在は画像処理ソフト上で簡単に調節できますから、色フィルターは過去の物なのかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。