Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絞ると後ピン

Category: Photograph  
IMG_1419_edited-1.jpg


「EF50mmf1.2Lは、球面収差の影響で、外側の光束を利用するF2.8AFセンサーだと後ピンになりますが、絞りを開けているとピントの前側に球面収差による強い集光があるのでクッキリと見えます。
絞るとその成分が減るため結果的に後ピンが浮かび上がってきます。さらに絞ったり、被写体までの距離が長くなれば、被写界深度でピンボケが目立たなくなります。F5.6AFセンサーを使用することで後ピンは緩和されます。」

大口径レンズの球面収差に由来する、「近接時に絞ると後ピン」現象の原因は、上記だそうです。なぜ後ピンなのか、私は今一つ理解していませんが、そういうものだと思って使えば差し支えありません。それより描写の魅力の方がよっぽど強烈ですから。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。