Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アマチュアならではの楽しみ方

Category: Photograph  
IMG_9437.jpg


EOS5DMkIIのセンサーは2100万画素、EOS5D、D700、D3Sは1200万画素です。キヤノンはモデルチェンジの度に画素数を上げる一方、ニコンは1200万画素を保つという、まったく正反対のコンセプトです。キヤノンの誇る映像エンジンは、解像度を上げてもノイズが増えず、ダイナミックレンジも確保できるということでしょう。
 しかし、プロカメラマンの仕事でも1000万画素を超える解像度が必要な場合はあまりないそうです。週刊誌全面のグラビア写真でも1000万画素程度で十分、粒の荒い新聞写真などでは解像度の高さはデメリットにすらなるとのことです。報道カメラマンは、暗くてもクリアな画像を記録するため、解像度の高さより色調やノイズを重要視するそうです。つまり、画素数より画素ピッチです。APS-Cの2倍強の面積を持つフルサイズセンサーの魅力は、ここにあります。だから画素数を上げないニコン方式は理にかなっているということです。
 とはいえ、デジタル技術は日進月歩なので、プロが将来どんな機材を選択するかは未知数です。もし、小型デジタルカメラが高性能機の主流になっても、大型一眼レフをガチャガチャいじくりまわすのもアマチュアの勝手、もしくは特権です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。