Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


工芸品?

Category: Trumpet  
schile9.jpg


The bore/throat of most Schilke mouthpieces is #26. This is true except for those Schilke mouthpieces with shallow A cups. They have a slightly smaller #27 bore which is the standard bore for Bach and most other manufacturers.

マウスピースの中で一番狭いboreの内径は、#26(0.1470インチ、3.7338mm)、#27(0.1440インチ、3.6576mm)、#28(0.1405インチ、3.5687mm)というように、工業用ドリルのサイズで規定されています。リム内径、カップ深度、バックボアも100分の1mmレベルの精度で製作されています。マウスピースの良し悪しはデザインと工作精度で決まり、職人の手作り工芸品的性格が強い楽器の中で最も工業製品に近いものです。そうなると、自動車エンジンも手掛けているヤマハの得意分野かも知れませんが、個人的なマウスピース工房も多数存在するところが面白い、というよりそのお蔭で悩みと出費が絶えません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。