Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グレートクインテットの谷間

Category: Artist  

1960年5月にジョン・コルトレーン、キャノンボールが脱退したため、マイルスクインテットのサックスはソニー・スティットになり、61年初めからハンク・モブレーに交代しました。その年の春に行われた「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」のレコーディングとニューヨーク「ヴィレッジバンガード」のライブ後、サンフランシスコのライブハウス「ブラックホーク」に向かった時を振り返って、マイルスはこう言っています。
「ハンクがイマイチだから、音楽に飽きがきはじめていた。あいつはオレの想像力を刺激しなかったし、およそ面白くないものだった。」
ブラックホークのライブを聴きに行ったドラマー、エディ・ヘンダーソンがマイルスに"Where's the big guy with the big saxophone?"と聞くと、マイルスは"You mean Trane? He's lost his mind and can't play no more."と答えたそうです。ハンクと演奏しながらもコルトレーンが忘れられなかったマイルスの気持ちが伝わってきます。決してハンクは凡庸なプレイヤーではなく、マイルスのスタイルと合わなかったということでしょう。私は、ハンク・モブレーのソロも好きです。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。