Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガタクリ橋

Category: Photograph  

東総の旭市内を総武本線に並行して、ほぼ直線で走っている国道126号線は、昭和13年に、民家を強制的に移転させて建設されました。目的は、軍事飛行場造成の資材搬入のためです。建設に必要な用土は、当時の街道(通称“江戸みち”)を掘って調達しました。そのため、現在は旧道として残っている街道が、途中から川になっています。
 旭駅と隣の八日市場駅の間は離れていたため、上下列車交換を行う干潟駅を中間に作っていましたが、周りには民家もなく乗客はいませんでした。この干潟駅が、航空基地建築のための資材輸送に利用され、たくさんの労務者(多くは囚人や朝鮮人)、およそ5000人の軍人が次々とやってきて、静かな田舎にいきなりよそ者の街が出現しました。
 この基地の影響は以下の通りでした。

 造成のための強制移転 : 145戸
 航空基地から出撃し、戦死した将兵 : 1168人
 畑に墜落した軍用機で死亡した民間人 : 37人

 現在の国道126号線は重要な生活道路であり、旧“江戸みち”は、途中が川で寸断された裏街道として残っています。街道が新川を渡るための「ガタクリ橋」と呼ばれる木橋と宿屋はなくなりましたが、地元のお伊勢参り「鎌数伊勢大神宮」と片栗粉工場は、今も健在です。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。