Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


師の教え

Category: Artist  

マイルスは、ニューヨークに来て半年後の45年4月に初レコーディングを経験しました。ラバーレッグスのバックバンドで、ソロはなかったのに緊張しまくって、ろくに吹けなかったそうです。本人は思い出したくない録音だそうですが、音源はしっかり残っていて、私も持っています。帝王の初々しさが感じられる微笑ましい演奏です。しかし、その後ガレスピーの後釜として、チャーリー・パーカーの天才ぶりに毎日接して、ステージや録音をこなす内に急成長を遂げ、2年後の47年に早くもリーダーアルバムを録音しました。50年代以降のようなオーラは感じないものの、バップミュージシャンらしいホットなプレイが聴けます。ハーフ・ネルソンやドナ・リーなど、作曲の方でも才能を発揮しました。
 順風満帆にみえたマイルスの演奏活動でしたが、この頃から師匠のチャーリー・パーカーがヘロイン常用で荒れ始め、徐々に疎遠になっていきました。そして、49年にはマイルスもヘロインに手を出して、生活も演奏も荒んでいきました。完全な活動休止ではないものの、ヘロインと縁を切り、マイルスらしい活躍をみせるのは54年まで待たなければなりませんでした。バップと麻薬、師の教えも選ぶ必要があります。
 
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。