Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Each Comfort Zone

Category: Artist  

『録音スタジオでマイルスと共演するミュージシャン達は、通常前夜に曲目と演奏順を知らされました。そして、当日1,2回のリハーサル後に、何度か録音し、通常は最初のテイクを採用したそうです。時として荒いアンサンブルや、変な音が混じっても、自然な演奏を優先しました。』(50年代のアルバムに対するコメントから抜粋)
 ほとんどぶっつけ本番に近いやり方だからこそ、アーティストの素の魅力や意外性が引き出せる、ということですね。50年代アルバムが好評な一因は、マイルス流コンセプトのおかげだと思います。ただ、この時期の演奏を好むのは、自分でも楽器を演奏する人に多いようです。演奏する心地よさと聴く心地よさの違いでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。