Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トランペット or アルコール

Category: Trumpet  

『トランペットというのは、骨の折れる楽器だ。うまくやるためには、まず肉体的に良い状態じゃないとだめだ。』

 と、マイルス・デイビスが自叙伝で言っているように、体調が悪いと演奏や練習が出来なくなります。先週末のライブにシットインさせてもらい、2曲吹いた後は、気分が乗ってついつい飲み過ぎてしまいました。こうなると、翌日の練習はめちゃくちゃです。音を出す気力すらなくなることもあります。
 楽器を続けるのなら、タバコ、アルコール、マリファナ、ヘロイン、コカインは大敵、と肝に銘じておかなくてはなりません。私の場合、最大の課題はアルコールです。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

ハイノート
こんばんわ。

結果的にガレスピーと違う音楽を模索して良かったですよね。彼と同じ吹き方をしていたら後のマイルスは存在しなかったかもしれません。

ハイノート、よくいわれるようにどこからなんでしょうかね・・・私の場合は五線譜から飛び出たドくらいからだと思ってますが。

でも自分の場合このあたりになるとさすがに出すのがキツイです。最高でミくらいが限界です。バック7cのマウスピースでは限界なのでしょうか・・。まあドまで出せればある程度の曲は吹けるのでそこまでこだわりはないですけどね・・・。

ではまた
29才さん
おはようございます。
調子次第で気分が大きく変わる厄介な楽器ですが、これからも大いに楽しみたいですね。

マイルスが本当に高音に拘りをもっていたのは、初期の頃みたいです。何といっても近くにガレスピーがいましたから。
心の中で高音で歌うと、自然と高音域で演奏できるそうです。たしかに後半のマイルスは、意外とハイノートヒッターですね。要はイメージだ、と言いたいんだと思います。

コンスタントなヤマハでのレッスン、きっと後でジワッと効いてきますね。大いに楽しんでくださいね。

Hiro.G.
本日好調でした。
こんばんわ。

今でもジャズ特集で死刑台のテーマに痺れて翌日CDを買いに行ったのを思い出します。あの時、あの曲に会わなかったら・・・トランペットを吹いてなかったかもしれません。大げさですがそういう意味でマイルスには感謝のような気持ちもあります。

>『トランペットというのは、骨の折れる楽器だ。うまくやるためには、まず肉体的に良い状態じゃないとだめだ。』

まったくその通りですね・・私も疲れている時は吹かないこともあります。無理に吹いて不調ですと気分が落ち込みますし。

>マイルスは、音楽を高音域で捉えるようになってから、高音で演奏できるようになったそうです。私の師匠は、常に周りの音を聞いてリズムとピッチを合わせることを強調します。

彼は高音域で音楽を捉えていたのですか・・てっきり中音域かと思っていました。あまりハイノートにこだわりを持っていなかったように感じてましたので。

リズム、ピッチ・・これも重要なのは重々承知しておりますが、苦手です(笑 でも何とか乗り越えてみます。

今日はヤマハでした。月三回、月曜日に習いに行ってます。先生にも高音域について聞いてみました。若干、アパチュアをほんの少しだけ狭めるような感じにしてみるといいかもしれないと言われました。家帰ってから試したところ、少しだけ効果があったようにも思えます。めげずに頑張っていきたいと思います。
29才さんへ
こんばんは。はじめまして。

マイルス、いいですね。若い頃とは聴き方も変わってきましたが、ますます凄さを感じてます。

演奏の技術的なことは、私には何も言えませんが、
マイルスは、音楽を高音域で捉えるようになってから、高音で演奏できるようになったそうです。
私の師匠は、常に周りの音を聞いてリズムとピッチを合わせることを強調します。
きっとその辺りに答えがあるのだと、思ってます。

これからも、トランペットを楽しみましょうね。

Hiro.G.
はじめまして
ヤフーに「トランペット 音が上ずる」、と入れて検索していたらたどり着きました。五線譜から飛び出たラの音がどうしても上ずってしまい、挫折気味です。

約三年前、26才の時からトランペットを吹いています。22才くらいからジャズに興味を持ち始めて、NHKのジャズ特集でマイルスの死刑台のエレベーターのテーマに強烈に痺れてトランペットに憧れを持ちました。

他にもリーモーガンのアイリメンバークリフォードやニニロッソの夜空のトランペット、金曜ロードショーのテーマなども憧れている曲ではあります。

でもマイルスが一番好きなトランペッターです。

部屋の壁にはポスターを貼っているほどなのに自叙伝はまだ読んだことがありません。機会があったら読んでみようと思います。

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。