Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Speak Low

Category: Trumpet  

Slang of the 1920's

Big Cheese - the most important person 「重要人物」
Bird - general term for a man or woman, sometimes meaning "odd,"  「変な奴」
Hayburner - (1) a gas guzzling car (2) a horse one loses money on 「金食い虫(燃費の悪い車)」
Speakeasy - An illicit bar selling bootleg liquor 「禁酒法時代の不法な酒場」

1920年代のスラングには、ジャズに関係ありそうなものがいくつかあります。SpeakEasyは、禁酒法時代にシカゴなどで流行った不法酒場のことです。表向きは別の店ですが、陰でこっそりと酒が飲める、一元お断りの知る人ぞ知る秘密のバーで、奥の扉をくぐって、ひそひそ話をしながらグラスを傾けるイメージが浮かびます。
 ところで、ジャズスタンダードにSpeakLowという曲がありますが、低い声で話をするところが、秘密の店と通じていて、私は同じ意味だと思っていました。でもこちらは優しくささやく「愛の言葉」だそうで、酒場とは全然関係ないようです。


関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。