Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飯岡にない飯岡駅

Category: Photograph  

新幹線が通る駅は利便性が向上するため、今では殆どの人が地元に新幹線の駅が出来ることを歓迎しています。ところが、鉄道というものを知らなかった明治時代には、鉄道を歓迎しない雰囲気があったそうです。東京と銚子を結ぶJR総武本線は明治30(1897)年に「総武鉄道」として開業しました。現在の両国駅にあたる本所駅から千葉駅、陸軍基地のあった佐倉駅、八街駅を通り銚子まで直線状の路線を計画し、その途中には参拝客の多い芝山仁王尊も含まれていました。しかし、訳のわからない鉄道などが出来て参拝者が泊まらなくなったらどうするんだ、と地元の旅館業者が反対し、路線は大きく南へ迂回して成東駅を経由することになりました。同様に漁業の盛んな飯岡町も通る計画が、地元の地主が反対して、北隣の海上町へ迂回しました。その為、海上に飯岡駅という名前の駅が建設されました。
 ところが実際に鉄道が開業すると、みんながその便利さに驚き、我が町にも鉄道を通して欲しいと請願するようになりました。海上町の飯岡駅から飯岡町に鉄道を建設する「飯岡軽便鉄道」などという、ややこしい計画も持ち上がったようですが、結局資金不足で中止されたそうです。
 現在、成東は総武本線から外房線に連絡する中継点にもなり、駅周囲は発展しましたが、芝山町は交通の便が悪いまま、古い寺がひっそりと佇んでいます。新しいものを正当に評価することがいかに難しいかを示す1例だと思います。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。