Hiro.G.のトランペット&フォト

東総でのジャズ生活&スナップ写真館

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Second great quintet

Category: Trumpet  

1963年に新しいグループの結成を目指していたマイルス・デイビスは、テナーサックスのジョージ・コールマン、ベースのロン・カーターとともにロサンゼルスで録音を開始し、数週間後に17歳のドラマー、トニー・ウィリアムスとピアノのハービー・ハンコックが加わってニューヨークで録音を継続、"Seven Steps to Heaven"を発表しました。
この新たなリズムセクションは同じレパートリーを演奏しながらも、次々と演奏スタイルを発展させていき、1964年にウェイン・ショーターが参入してSecond great quintet(黄金のクインテット)と呼ばれるマイルス最強で最後のアコースティックバンドと成りました(ちなみに"First"は50年代にジョン・コルトレーンらが参加していたクインテットです)。この様子は"Four and More (1964)"や"E.S.P. (1965)"で知ることができますが、実は"Seven Steps to Heaven"の中で、1曲おきにSecond great quintetの斬新な演奏と、コンベンショナルなロサンゼルスでの演奏が繰り返されていて、興味深く比較しながら聴くことができます。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

HiroGNak2

Author:HiroGNak2
千葉県旭のトランペット&写真愛好家
Marines Big Band
Asahi Jazz Quintet

Visitor
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。